【S12最高/最終2002 】ペリラグナット

始めに

S12お疲れ様でした。

今期は久しぶりにレート2000に乗せる事ができたので、自身の結果を残すという意味で構築記事を書いていきたいと思います。

道連れ杯で優勝した時に書いた記事と並びは変わらず、中身もあまり変わりませんが、見てくださると嬉しいです!

〈使用構築〉

f:id:pokesatomal:20181106214611j:image

 

 

構築経緯

シーズン終盤に別のパーティを使っていたらレートがめちゃくちゃ溶けてしまったので使い慣れた雨パを使うことに。

あまり時間が無かったので、道連れ杯で使用した構築をほぼそのまま使うことにしました。

 

個体説明

f:id:pokesatomal:20181106200209j:image

雨始動要員。

電気技以外の物理技なら大体1発は耐えます。

特殊耐久はぜんぜんないので注意が必要です。

元々ははたき落とすの枠を電光石火にしていましたが、最終日格上の相手がカビゴンを後投げしてきて、かなりきつい展開になってしまったので変えました。

電光石火を切った弊害として1番大きかったのは、襷ゲッコウガに悪の波動でひるまされて、襷を潰せないまま突破されることでした。

 

f:id:pokesatomal:20181106202418j:image

いつもの雨エース。

4枠目にあくびを採用する事で、相手のサイクルを崩壊させることが多々ありました。

また、起点を阻止できるのでそこも強かったです。

 

 

f:id:pokesatomal:20181106203424j:image

多分1番信用してる雨パのお供✨

物理と特殊両方受けられるようにHBD振り

HP管理をするのが下手なので、食べ残しにしています。

メガラグラージで荒らして、次倒されるターンになったらあくびをうって退場し、その後ナットレイで呪いを積んで全抜きする動きが強かったです。

バシャーモが減ったのでだいぶ動きやすかったです。

 

f:id:pokesatomal:20181106204330j:image

普通の特殊メガボーマンダ

メタグロスジャローダカミツルギを意識して最速にしています。

カミツルギがパーティにいる場合はだいたい選出してました。

今回は命中安定技のかえんほうしゃを採用していますが、メガルカリオが低乱1発だったり、テッカグヤを確2取れなかったりするので、大文字を採用した方が良いと感じました。

 

 

f:id:pokesatomal:20181106205202j:image

ステロ要員。

襷が潰れてなければ舞ったポケモンのストッパーになってくれるのも強かったです。

今期はウツロイドカバルドンで見てくるような人はぜんぜんいませんでした。

 

f:id:pokesatomal:20181106210330j:image

普通のASミミッキュ

オニゴーリ対策で呪いを入れるか迷いましたが、どれも切れませんでした。

ABミミッキュだったら勝てた試合よりもASミミッキュだったから勝てた試合の方が僕は圧倒的に多かったです。

 

主な選出

vsカバマンダ

カミツルギがいれば

ナットレイボーマンダ、@1

いなければ

ペリッパーラグラージナットレイ

ゲッコウガさえ倒せればどうにかなります。

 

vsリザグロス

ウツロイドボーマンダナットレイ

メタグロスナットレイボーマンダの2体でみます

 

vsガルーラ

ペリッパーラグラージナットレイ

雨を降らすことでガルーラvsナットレイはほぼ勝てます。

後はラグラージをうまく通してました。

 

vs受けパ

ペリッパーラグラージナットレイ

相手の持ち物をはたき落としつつ、ラグラージのあくびを絡めて崩します。

 

vsオニゴーリ

ウツロイドミミッキュボーマンダ

雨パではほぼ勝てないのでこの選出。

ステロを絡めて頑張ります。

あまり勝てません。

 

vsラティクチ

ペリッパーラグラージナットレイ

ナットレイのHP管理が大事です。

 

その他ステロが刺さるパーティは、

ウツロイドボーマンダミミッキュorナットレイの選出をしていました。

 

きついポケモン

オニゴーリ

ゲッコウガ

カミツルギ

アーゴヨン

 

 

終わりに

f:id:pokesatomal:20181106214754j:image

ご閲覧ありがとうございました!

今期は久しぶりにレート2000達成できて嬉しかったです。

次はこれとは別のパーティで結果を残せればいいなと思っています。

 

 

 

道連れ杯使用構築や感想などなど

  1. はじめに
  2. 参加までの経緯
  3. 構築経緯
  4. 個体説明
  5. きついポケモン
  6. あとがたり

 

 

f:id:pokesatomal:20180917175910j:image

 

 

1. はじめに

こんにちは! フラウトです。

道連れ杯お疲れ様でした!

今回はあおさんと一緒に第2回道連れ杯で優勝する事ができました!!

こういった大会で優勝できたのは初めてでとても嬉しいのと、あおさんが道連れ杯についての記事を書いていたので、僕も記事を書くという形で残しておこうと思います。

レートで使える程強い構築だとは思いませんが、読んでくれたら嬉しいです!

https://ao-poke154.hatenadiary.com/entry/2018/09/17/171845

ちなみにこちらがペアのあおさんの記事です。こちらの方もぜひ読んでみて下さい!

 

 2. 参加までの経緯

t/Tさんのツイートが回ってきて第2回道連れ杯の存在を知った自分。第1回は予定が合わず参加できなかったので、第2回は参加しようと思っていました。

しかし、夏休みの間、遊び呆けていた僕は、課題が5割くらいしか終わっておらず、9月に入ってから必死になってやる羽目に…

結果、課題がある程度終わって、Twitterをまともに見れた時にはかなりの人がペアを決めていました。そんな時に回ってきたのがあおさんのツイートです。

組んで下さったあおさんには本当に感謝してます!

 

3. 構築経緯

お互い雨パを使っていたため、雨パを使うことに。

雨エースはラグラージで決定し、もう一体は僕が雨パを使う時にはほぼ毎回入れているナットレイに。

残りの4体はあおさんが「自由に決めていいよ!」と言ってくれたので、お言葉に甘えて次の日の授業中に考えた結果、ペリッパーボーマンダウツロイドミミッキュになりました。

雨始動はペリッパーの方が慣れていたので即採用。

リザYに強く、ステルスロックで削りを入れられることからウツロイド、フェアリータイプを持ち、化けの皮によってある程度の仕事ができるミミッキュ、ここまででとてつもなく重いカミツルギに強い特殊メガボーマンダを入れてptが完成しました。

 

3. 個体説明

f:id:pokesatomal:20180917193449j:image

性格:のんき

努力値:H252 B44 C212

実数値:H167 A64 B138 C142 D90 S64

 

雨始動要員。カバルドン対面で天候を奪えるようにSの個体値を低めにしています。ラグラージを最大限に通していきたかったので、湿った岩を持たせています。

命中安定の波乗り、雨下必中の暴風、後続のポケモンに負担をかけずに済むとんぼ返りは確定。

ラストの1枠は、S11で、はたき落とす持ちのペリッパーが増えた事から、道連れ杯では刺さり辛くなるのでは?と思い、襷を潰せる電光石火を採用しました。

結果としては、ゲッコウガに襷の負け筋を潰す為に打った1発以外は使いませんでした笑

選出率2位タイ 4/8

 

 

f:id:pokesatomal:20180917200228j:image

性格:いじっぱり

努力値:AS252 D4

実数値:H175 A222 B130 C× D131 S122

 

いつもの雨エース。

草技でなければほとんどの技を耐えてくれるのが本当に偉い!

滝登り、地震、冷凍パンチは確定。

個性の出るラスト1枠はメガボーマンダに起点にされない為に欠伸を採用しました。

欠伸を採用した事によって勝てた試合が1試合あったので採用して正解でした✨

性格は絶対に湿り気の方が良いです。

選出率2位タイ4/8

 

 

f:id:pokesatomal:20180917201726j:image

性格:のんき

努力値:H252 B116 D140 

実数値:H181 A114 B182 C× D154 S22 

 

過労死枠。

カプテテフのサイキネ+めざ炎食べ残し込みで確定耐えです。自分の中では、タネマシンガンが欲しい時もありますが、この技構成が1番しっくりくるのでS8の時からずっとこれで使っています。

はたき落とすは食べ残しや進化のきせき、どくどくだまなどを落とせるのが強く、呪いは宿り木の種と組み合わせる事で、多くのポケモンを起点にできるのが強かったです。

不意の炎技やめてください!

選出率1位7/8

 

 

f:id:pokesatomal:20180917202926j:image

性格:おくびょう

努力値:CS252 H4

実数値:H171 A× B150 C172 D110 S189

 

最速特殊メガボーマンダ

カミツルギに強いのと炎打点が欲しかったので特殊型で採用しました。

身代わりと流星群のどちらを採用するか迷いましたが、安定択を取れるのとアドを稼げることから身代わりを採用しました。

無難に強かったです!

選出率2位タイ4/8

 

 

f:id:pokesatomal:20180917203726j:image

性格:おくびょう

努力値:CS252 H4

実数値:H181 A× B67 C179 D151 S170

 

雨パを使うとどうしてもリザードンYが重くなってしまうので、それに強く、ステルスロックで裏に削りを入れられるので採用しました。

ステルスロック、メインウェポンのパワージェムとヘドロウェーブは確定。

ラスト1枠の草結びは、カバルドントリトドンに打点を持てたので、正解でした✨

選出率5位3/8

 

 

f:id:pokesatomal:20180917204645j:image

性格:いじっぱり

努力値:AS252 H4

実数値:H131 A156 B100 C× D125 S148

 

普通のASミミッキュ

いつもはミミッキュZを持たせたABミミッキュを使っていますが、この構築はテッカグヤが重すぎるので削りを入れられるASゴーストZにしました。

しかし、今回の大会ではそれが生きた場面は特にありませんでした。

選出率6位2/8

 

 

5. きついポケモン

 

カビゴン

ナットレイがはたき落とすを持っているものの、他のポケモンでは倒せないので本当にきついです。

幸い道連れ杯では、1度しか出てこなかったので良かったです。

 

ゲッコウガ

型が多過ぎて全部考慮できません!笑

雨下のラグラージで上から殴るか、ミミッキュで何とかするか、めざ炎がなければナットレイで処理してしました。

 

テッカグヤ

抜群を取れるポケモンメガボーマンダしかいなかったのでとてもきついです。

ですが、試運転した時はテッカグヤがHD型だからなのか、ほとんど選出されませんでした。

 

他にもいると思いますが、きりがないので省きます!

 

6. あとがたり

試運転した時は15帯だ9勝3敗だったので、若干不安でしたが、道連れ杯では7勝1敗という結果で優勝でき、本当に嬉しかったです!

そして何より、1試合1試合がとても楽しかったです!!

 

ペアのあおさんが勝ってくれなければ初戦で敗退していたので、とても感謝しています。

あおさん組んでくれてありがとう😊

 

景品の色違いシャンデラは、せっかく貰ったので何かの仲間大会で使う予定です。

 

最後に運営のt/Tさん、ルパソさん、大統領さん、セドナさん、対戦して下さった方々本当にありがとうございました!

 

最後まで見て下さった方はありがとうございました!

 

【S7使用構築】初めての雨パ〜マンダの流星群は強い〜【最高/最終2030】

初めまして、フラウトと申します!

 

シーズン7お疲れ様でした。ウルトラサンムーン が発売されて最初のシーズンということでなんとか結果を残したいと思い、今期は頑張りました。

 

そして今までの目標であったレート2000を達成することができたので記事を書きました。

最後まで読んでくれると嬉しいです。

 f:id:pokesatomal:20180123132744p:image

 

 

〈構築経緯〉

シーズン中盤までサイクルパでレートに潜っていたが、メガメタグロスにアイへ怯みやグライオンにハサミギロチンをされてサイクル崩壊して負けることが多かった為、パーティ解散。

 

そこで大体のポケモンの上から殴れ、こっちから怯みを押し付けて運勝ちを狙うことができるペリラグを採用した。

ニョロトノではなく、ペリッパーなのは飛行タイプを持っていてカプブルルに打点があるからである。

 

他は雨パで弊害となってくるポケモンに比較的強く出れるポケモンを採用していった。

 

 

 〈個体解説〉

 f:id:pokesatomal:20180123141321j:image

 性格:ひかえめ

調整:135-×-121(4)-161(252)-90-117(252)

 

穏やかヒードランや無振りグライオン、カプブルルなどを抜くためにSはぶっぱにした。

CSメガゲンガーのヘドロ爆弾で落ちてしまうほどのゴミ耐久なので、もう少しCやSの努力値を耐久に回すか、気合いのタスキを持たせるべきだったかもしれない。

とんぼ返りの威力を上げる為に攻撃力はVの方がいいと思う。

 

 

f:id:pokesatomal:20180123145213j:image

 性格:いじっぱり

調整(メガ後)175-222(252)-130-×131(4)-122(252)

 

ごく普通のASメガラグラージ

4枠目は起点にならないようにあくびを採用した。

重要なところで怯ませてくれたのがとても偉かった。

ただ怯ませる前提の立ち回りはオススメできません。

1900に行ってからなかなか雨パが刺さっていなくて出せなかったが、選出誘導になっていたはず!

 

 

 f:id:pokesatomal:20180123151214j:image

性格:のんき

調整:181(252)-114-182(116)-×-154(140)-22(最遅)

 

メガミミロップの飛び膝蹴りほぼ耐え

カプテテフのサイキネ➕めざ炎食べ残し込みで確定耐え

過労死枠。タネマシンガン2発しか当ててくれなかったり、宿り木の種を外したり、凍ったり、焼けたり、麻痺ったりして辛かった。

しかし、相手を詰ませる能力は物凄かった。

パーティ的に初手はコケコから入ってくる人が多かったのでそれに合わせてナットレイを投げてステロか宿り木をおしていた。

また、カプテテフに後出しをしてテテフを狩るのも多々あった。

dダウンからのめざ炎や気合い玉はやめて下さい!

 

 

f:id:pokesatomal:20180123153540j:image

 性格:おくびょう

調整:171(4)-150-172(252)-110-189(252)

 

最速特殊マンダ。

命中不安技を打ちたくなかった為、だいもんじではなく、かえんほうしゃを採用した。

ボーマンダミラーやカミツルギナットレイを見れたり、物理型だと思ってきたカバルドンハイパーボイスを打ち込めたりして使用感はとても良かった。

流星群を打つ機会があまりなかったのでポリ2意識でどくどくを採用するのもありだと感じた。

 

 

f:id:pokesatomal:20180123154429j:image

 性格:おくびょう

調整:185(4)-×-67-179(252)-151-170(252)

 

メインウェポンのパワージェムとヘドロウェーブ(ヘドロ爆弾)は確定。後の2枠は炎打点が欲しかったのでめざ炎、数値受けしてくるポケモンに刺さるどくどくを採用した。

ウツロイドを見るとカバルドンポリゴン2スイクンが結構出てきてくれた為、どくどくが刺さった。

また、ビーストブーストした後の抜き性能がよく、3タテしてくれることもあった。

ギルガルド出さないで下さい。

 

 

f:id:pokesatomal:20180123155844j:image

性格:いじっぱり

調整(シールドフォルム):159(188)-112(252)-170-×-170-89(68)

若干Sに割いた物理ギルガルド

S7終了の数時間前までミミッキュを入れていたが、受けるが重すぎたのと、どの構築もミミッキュの対策をしていてあまり選出できていなかった為、急遽入れた。

あまり読まれず使い勝手もそこそこ良かったので、この判断は正解だった。

キンシが欲しい場面もあったがどの技も切れなかった。

 

 

〈選出〉

❶ペリラグ➕@1

この選出は4割弱。

雨選出で行く時は雨が切れるまでにポケモンを倒し切る、もしくは雨が切れる時にいかに相手のポケモンの起点にされないかを意識して立ち回った。

@1の枠はABミミッキュや水タイプ意識でナットレイを選出することが多かった。

ボーマンダ➕@2(ペリラグ以外)

この選出は6割ぐらい。

リザードンカミツルギがいたら基本的にボーマンダを軸にしたパーティで潜っていた。

❸ペリラグ単選出➕@2

この選出はほとんどしなかった。

ヒードランが絶対に来そうだが、雨パだと突破できそうにない時だけ選出していた。

 

メガ枠は2匹いるのでどちらかは選出するようにしていた。

 

 

〈重いポケモン

ポリゴン2 

ポリ2を2発で持っていけるポケモンが1匹もおらずつらかった。

出てきた時は、ウツロイドの交換読みどくどくやナットレイの宿り木で引かせて、うまく裏の確2圏内に入れる、もしくはギルガルドで積んで突破するという形を取っていた。

 

クチート

トリルされたらほぼ負け。

じゃれつく読みでギルガルドナットレイにバックしてうまくトリルターンを枯らすしかなかった。

一応HPがほぼ満タンであればじゃれつくをメガラグラージが1発耐える。

 

リザードン

うまく交換を読んで対処しないといけない。

終盤になるにつれて地震リザYが増えていたので、交換読みされそうだと感じたら中間択として飛行タイプに引くというプレイングを取っていた。

 

ギルガルド

ゴーストの通りが良すぎるので辛かった。

ゴーストZの時は初手に投げてくる事が多かったので、こっちも初手にギルガルドを投げてゴーストZで潰していた。

 

他にも重いポケモンが居ますが特にこれらのポケモンが特に重たかったです。

 

〈結果とあとがき〉

f:id:pokesatomal:20180123170237j:image

最終日の夜、4時間くらい潜り続けて最高最終2030という結果になりました〜。

本当は朝またやろうと思って7時半に目覚ましをかけたはずなのに、起きたのがなんと9時10分!!!

初めて2000に乗ったのはとてつもなく嬉しかったけれど、最後の最後で舞うことができず、普通に徹夜して潜っていればよかったと後悔😖

S8では早めに2000に乗せて自己ベスト更新したいと思っています!

 

最後まで読んでくれた方々ありがとうございました!!!(≧∇≦)